足の痛み/ 宝塚の整体・和カイロプラクティック

宝塚の整体 和カイロプラクティック
足の痛み
トップページ当院の特長施術内容患者様の声院長プロフィールアクセス予約


足の痛み・こり



足の痛み

足の痛みは土踏まずがない、
いわゆる偏平足の方に多く見られます。

偏平足の判断方法は必ず立った状態で本人ではなく、誰かに土踏まずが一番深いところに手を入れてもらいます。(本人が測ると正しい測定ができません)

そして指の第一関節まで入らなければ偏平足です。
一度試してみてください。




(捻挫)ねんざ

ここでは日常生活やスポーツの現場でよく起こる足首の捻挫をとりあげます。

足首は内側よりも外側の方が強度が弱いため、内側に捻る場合が圧倒的に多いです。
捻挫は道や床の段差を踏み外したり、階段を降りるときやハイヒールを履いて歩いていたときに急に捻ったり、溝や穴に足がはまってつまづいたときによく発症します。

また野球やサッカー、バレーボールやバスケットボールなどのスポーツ時にもよく見られます。

外反拇指足

外反母趾は親指の関節が右足のならくの字、左足なら逆くの字に変形したものをいいます。
原因はつま先がとがったヒールの履きすぎ、幼少期に過度の運動、家族歴など様々ありますが、ここでは偏平足による外反母趾をとりあげます。

足底筋膜炎

足底筋膜炎はスポーツ障害で最も多く見受けられる障害ですが、足のアーチが必要以上につぶれることにより、足底筋膜(足底の筋肉を包んでいる膜)に炎症が起こるものです。
特に足底筋膜の付着部である踵(かかと)の骨の前側に痛みや骨のとげ(骨棘)が現れます。

アキレス腱炎

足底筋膜(足底の筋肉を包んでいる膜)の過緊張とアーチの減少はかかとの骨を前方に引っ張ることになり、かかと(踵隆起)に付着しているアキレス腱に緊張を与えることになる。
過緊張を起こしたアキレス腱は腱鞘炎を起こすと共にアキレス腱とかかとの骨(踵隆起)の間にあるアキレス腱下滑液胞の炎症(腫れない)を起こす。

踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)


踵骨骨端症はバスケットやバレーボールなどの硬い床で行うスポーツに多いです。
原因はアーチの低下とふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)の過収縮によります。
疼痛部位はかかとの先端部。

有痛性外脛骨障害(ゆうつうせいがいけいこつしょうがい)

クラッシックバレエ、バスケットなどのつま先立ちやジャンプを多用するスポーツに起こる。
足の内側の筋肉(後脛骨筋)の持続収縮が過度になり付着している内くるぶしの斜め2センチ下の出っ張っている骨(舟状骨結節)が過成長を起こして痛みを感じます。


<来院目安>

一日でも早く、笑顔の生活に戻りましょう!




ご予約 0797-81-9202



若林和夫

予約

アクセス

お知らせ

患者様の声

院長ブログ