ヒザの痛み / 宝塚の整体・和カイロプラクティック

宝塚の整体 和カイロプラクティック
ヒザの痛み
トップページ当院の特長施術内容患者様の声院長プロフィールアクセス予約


膝痛


ヒザの痛み
階段を降りる時に膝に痛みを感じませんか?
膝の裏側が痛く、おかしな歩き方になっていませんか?
軽くてもいいので、ちゃんと地面を蹴って走れますか?
ハイキングや山登りなど、地面を踏ん張るときに膝に痛みが出ませんか?
正座をした時に痛みや違和感は出ませんか?

痛みとは体からのサインです。
それには必ず原因があります。

これらを悩まず当院にご相談ください。
できるだけ早く痛みを解決し、活動的で楽しい毎日を過ごしましょう。

「あなたは膝が良くなったら何がしたいですか?」


アプローチ

痛めた所にとらわれる事なく、からだ全体の調整し膝への負担を軽減させます。
更に、お家で出来るのエクササイズ指導も行います。

膝痛・下肢痛対策完全版

ひざ痛は大きく分けると2種類あります。

ひとつは高齢者に多い変形性(へんけいせい)膝関節症、
もうひとつは若年者、中年者に多い膝蓋大腿(しつがいだいたい)症候群です。

変形性膝関節症は老化によって関節軟骨が擦り減り、関節の隙間が狭くなります。
ひどくなると炎症が起きて水が溜まったりします。

膝蓋大腿(しつがいだいたい)症候群はお皿とふとももの筋肉の緊張から大腿部の骨が接触して起こります。

ヒザの痛み

<対策法>
どちらも痛みがあるときは氷嚢などで患部を10分間冷やします。痛みが激しいときは1時間おきに冷やします。出来れば1日3〜5回は冷やしすとよいでしょう。痛みがある程度和らいでからストレッチやエクササイズのリハビリをやっていきます。

<リハビリ>
変形性(へんけいせい)膝関節症:
@お尻の筋肉のストレッチ
A太ももの前側のストレッチ

膝蓋大腿(しつがいだいたい)症候群:
@土踏まずのある靴や中敷(インソール)で足のアーチを維持する
A太ももの内側の筋肉の筋力トレーニング(チューブトレーニング)
B太ももの前側と後側のストレッチ

<鑑別>
変形性膝関節症はどちらかというとガニ股が多く、膝蓋大腿症候群は内またが多いです。

<誤解>
膝に溜まった水を抜くと一時的に楽になりますが、膝に負担も大きくなります。
水は膝の疾患を治すための栄養液で潤滑油でもあるのです。
最近、良心的な病院では膝の水を抜く事を勧めません。

<固定>
痛みが強い時はサポーターは有効ですが、常時はめ続けると膝周囲の筋力が落ちてしまいます。痛みが軽減してきたらサポーターをつけない時間帯も必要です。但し、各種スポーツやランニング、ウォーキングなど膝をよく動かす場合はサポーターやテーピングをした方が安心です。

<専門家目安>
膝が痛くなって2日間アイシングもしても痛みがとれない場合は自己判断せず専門家へ行くのが目安です。


<来院目安>
体が疲れたり、バランスが悪いなと感じたら来院の目安です。

一日でも早く、笑顔の生活に戻りましょう!




ご予約 0797-81-9202



若林和夫

予約

アクセス

お知らせ

患者様の声

院長ブログ