七悪の虜となり 切れて離れて 結びの道に反逆する間 幸いの時やきたらず

(結びの道)に反逆した人間の心が(七悪)です。

この(七悪)のままに切れて離れて、夫婦や親子、人との繋がりを結べない間、決して幸せになることはできません。

それでは、その(七悪)とは何か。一つ一つ考えてみましょう。


和カイロ院長
若林和夫


夫婦の縁は神業なり 親子の縁も神業なり この神業に反逆し 夫婦の繋がり 親子の繋がりを粗雑にする者には 不幸病気の絶ゆる事なし

夫婦の縁も、親子の縁も、まさに神業。


神計らいのままにいただいた尊いご縁だということを、決して忘れてはなりません。

(神業)だということを認識できず、その(神業)に反逆して

夫婦や親子の繋がりを大切にできなければ、絶えず不幸病気に苦しめられることになります。


和カイロ院長
若林和夫


結ぶ事は 繋がる事よりも大切なり

ただ、単に心を通わせて繋がるだけで良いかということ、そうではありません。

本当に相手の心を理解し、相手と心の底から結んでいくことが大切です。


和カイロ院長
若林和夫


夫婦の繋がり 親子の繋がり 人との繋がり 深く永くする者は 永遠に幸ひを得

自分も人間、相手も人間ですから、お互いに機嫌の良い時もあれば悪い時もあります。

しかも人間は、その時々に起こる感情に振り回されやすいので、つい夫婦や親子、人との繋がりを切ってしまいそうになることが多々あります。

ですから、どんな相手から繋がりを切られても、「絶対に自分からは切らない、離れない」を決意しなければなりません。

あくまで、結んでいくのは自分なのですから。特に夫婦は「毎日が結婚記念日」という気持ちで繋がっていきましょう。

そうして人との(繋がり)を深く永く保てることができるならば、幸せもまた永遠に築かれていきます。


和カイロ院長
若林和夫


不幸病気は 結ばず 繋がらず 切れて離れて 結びの道に反逆する者の身の上にぞ現はるる

人間は、どうしても一人では生きていけない存在です。だから、誰かと心が切れて離れて繋がれず、

(結びの道)に反する生き方をしていれば自ずと苦悩が生じ、不幸病気を生み出してしまうのは当たり前のことです。

護神尊様が(天地一切一心正念経)のごじきょうを神から御掲示いただかれたのは、

まさに天地万物が神の御精神によって繋がっているということを示されているからです。


和カイロ院長
若林和夫


結びは人生の宝なり 人生は結びに依って始まり 繋がりと結びに依って成る

人と人が交わっていく(結び)は、まさに人が生きていく上で大切な宝物です。

私たちの生命は父と母の愛の結びによって生まれます。

そして、その後も、いろいろな人々との出会いと関りによって生きていきます。

その中で、人に影響を与えたり、人から影響を与えられたりして人間関係を築き、いろいろな経験を積みながら成長していくのが人生です。


和カイロ院長
若林和夫


結びの道を知る者は 幸ひを失うことなし

日本では、冠婚葬祭の時にお包みするのし袋に「水引」が付いていますが、それはまさに人と人との関係を結んでいくことを意味しています。


つまり、この(結びの道)を知っているかどうかが、あなたの運命を切り拓き、幸せを築く大きなカギとなるのです。


和カイロ院長
若林和夫


(徳心)に生きる 

相手が求める事をしてあげ。相手が求めるものを与える。

その心がそのままその人の(徳)となって、その人の運命を

開拓し、子々孫々まで守護っていただくのです。

自分の周りが少しでも、よくなるように、ともに精進して

いきましょう。



和カイロ院長
若林和夫 2014/01


失わず 敵を造らず 自ら 幸いの道を行く

人間は皆、不完全な存在です。しかし、不完全だとわかっていても、相手には完璧を求めてしまうのが人間です。

だからこそ、御教えのまま(寛容者)となり、赦し合い、助け合い、譲り合って、愛し合う生活を送ること。

そうすれば、敵をつくることなく、幸福健康の人生が約束されます。

さらに、寛容さが失われている今の社会にも、あなたの(寛容の精神)をいただきますことを、心からお願い祈ります。


みうた三五五

清濁も 御神尊のみ心 さながら

すべて受容の 家に幸アリ


和カイロ院長
若林和夫


神は汝等の過去を問い給わず 神は唯 汝等の寛容者か否かを問い給い 寛容者に対しては その時その場に於いて 無条件に即決の救いを垂れ給う

神は過去の一切を問題にされません。 今、現在のあなたの心が寛容であるか、そうでないかを問われます。

つまり、今、この瞬間に(寛容の精神)を発揮することができれば、どんな事情があっても、その時その場で、即決に救ってくださるのが、神の大慈大愛なのです。


和カイロ院長
若林和夫


P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75
[編集]
CGI-design